ただいま進行中

予定は変更になることがございます。ご了承ください。


集団と組織の社会学 ― 集合的アイデンティティのダイナミクス

山田 真茂留 著
人は、関係や集団、組織に頼らなければ生きていけない。自らの所属先と、どうつき合うべきなのか。恋愛関係からグローバリゼーションまで、古典理論から最新モデルまでを平明に解説し、集団現象と組織現象が作り出すきらめきと魔力に迫る。


文学社会学とはなにか

ジゼル・サピロ 著/鈴木 智之 訳/松下 優一 訳
天才こそが文学を創造するのではない。作品は文化的生産の場に依存し、作者の意図を超えて消費され、再生産される。文学が生まれる場、文学が描きだす社会、文学が受容される場の量的・質的分析を通して、社会と対話しつづける文学の姿に迫る。


直前のページに戻る