ホーム社会学ベーシックス / シリーズ一覧

社会学ベーシックス

シリーズ一覧

社会学的思考(社会学ベーシックス 別巻)
井上 俊 編/伊藤 公雄 編
本体2,000円(税別)
2011年 5月発行
四六判/296頁
ISBN978-4-7907-1525-2
Doing Sociology ― 〈社会〉を可視化する技法
マルクス、ヴェーバーからブルデュー、ベッカーまで、「社会学する」ための基本的な方法を提示する名著24冊を解題。好評シリーズ、ついに完結!

政治・権力・公共性(社会学ベーシックス 9)
井上 俊 編/伊藤 公雄 編
本体2,000円(税別)
2011年 3月発行
四六判/290頁
ISBN978-4-7907-1520-7
正義と自由 ― あるべき社会の構想
モンテスキュー『法の精神』からベラー『心の習慣』『善い社会』まで、時代に鋭く切り込む社会構想をさまざまな視角から提示する26の名著解題。

日本の社会と文化(社会学ベーシックス 10)
井上 俊 編/伊藤 公雄 編
本体2,000円(税別)
2010年 9月発行
四六判/280頁
ISBN978-4-7907-1486-6
比較と自省 ― アイデンティティの模索
柳田国男『明治大正史世相篇』、ベネディクト『菊と刀』、山崎正和『柔らかい個人主義の誕生』、ウォルフレン『日本/権力構造の謎』など、日本人のアイデンティティを読み解く名著27冊を解題。

身体・セクシュアリティ・スポーツ(社会学ベーシックス 8)
井上 俊 編/伊藤 公雄 編
本体2,000円(税別)
2010年 3月発行
四六判/260頁
ISBN978-4-7907-1456-9
〈からだ〉の社会学 ― 生の基層へ
モース「身体技法」からバトラー『ジェンダー・トラブル』、マーフィー『ボディ・サイレント』、ハーグリーヴス『スポーツ・権力・文化』まで、身体をめぐる社会の諸相を浮き彫りにする23の名著解題。

近代家族とジェンダー(社会学ベーシックス 5)
井上 俊 編/伊藤 公雄 編
本体2,000円(税別)
2010年 1月発行
四六判/270頁
ISBN978-4-7907-1449-1
親密性のゆらぎ ― 多様化する〈生〉と〈性〉
アリエス『〈子供〉の誕生』からボーヴォワール『第二の性』、そして上野千鶴子『ナショナリズムとジェンダー』まで、ジェンダー・家族論の名著24冊。

メディア・情報・消費社会(社会学ベーシックス 6)
井上 俊 編/伊藤 公雄 編
本体2,000円(税別)
2009年10月発行
四六判/260頁
ISBN978-4-7907-1443-9
記号化する世界 ― 主体と欲望の変容
マクルーハン『グーテンベルグの銀河系』から見田宗介『現代社会の理論』まで、近代から現代に至る社会の変貌を鮮やかに描き出す23の名著解題

文化の社会学(社会学ベーシックス 3)
井上 俊 編/伊藤 公雄 編
本体2,000円(税別)
2009年 7月発行
四六判/292頁
ISBN978-4-7907-1423-1
「意味」の誘惑 ― 文化による拘束と解放
マリノフスキー『文化の科学的理論』から蓮實重彦『小説から遠く離れて』まで、人々がなぜ「意味」を求めてしまうのかについて探究する、文化の社会学26の名著解題。

ポピュラー文化(社会学ベーシックス 7)
井上 俊 編/伊藤 公雄 編
本体2,000円(税別)
2009年 5月発行
四六判/248頁
ISBN978-4-7907-1408-8
民衆のイマジネーション ― 夢と理想の織物
ホルクハイマー/アドルノ『啓蒙の弁証法』から鶴見俊輔『限界芸術論』『戦後日本の大衆文化史』まで、ポピュラー文化の多彩な模様を鮮やかに写しとる24の名著解題。

都市的世界(社会学ベーシックス 4)
井上 俊 編/伊藤 公雄 編
本体2,000円(税別)
2008年12月発行
四六判/270頁
ISBN978-4-7907-1373-9
「自由」の光と影 ― 都市空間を生きる
パークらの『都市』からライアンの『監視社会』まで、複雑化・巨大化する都市の諸相と人々の生のあり方をとらえる都市社会学の名著解題。

自己・他者・関係(社会学ベーシックス 1)
井上 俊 編/伊藤 公雄 編
本体2,000円(税別)
2008年10月発行
四六判/272頁
ISBN978-4-7907-1362-3
つながりの力学 ― ミクロ社会学の射程
ヴェーバーの『社会学の基礎概念』から、ハーバーマスの『コミュニケーション的行為の理論』まで、ミクロ社会学24の視点から社会を読み解く。

社会の構造と変動(社会学ベーシックス 2)
井上 俊 編/伊藤 公雄 編
本体2,000円(税別)
2008年 7月発行
四六判/270頁
ISBN978-4-7907-1349-4
近代から現代へ ― 変貌する社会のゆくえ
コントが「三状態の法則」を提示した論文から、バウマンの『リキッド・モダニティ』まで、24冊のガイドでマクロ社会学を鳥瞰する。〈世界思想社創業60周年記念企画〉第1回配本