戦間期の日本帝国主義

小野一一郎 編
本体2,500円(税別)
1985年発行
A5判/206頁
ISBN978-4-7907-0287-0
本書は、両大戦間期(特に1920年代)の日本帝国主義の世界経済における位置づけと、対外経済構造およびその活動を、世界経済論の立場から総合的に分析し、当時の対米欧協調主義から、30年代の対アジア侵略主義への推移を明らかにする。

専門書 (経済)


amazonで買う

直前の画面に戻る