メディア・トリックの社会学 ― テレビは「真実」を伝えているか (世界思想ゼミナール)

渡辺武達 著
本体1,893円(税別)
1995年発行
四六判/280頁
ISBN978-4-7907-0551-2
巨大な影響力を持つようになったテレビメディアはどうあるべきか ― 「積極的公正・中立主義」と「メディア・ホークス論」を軸に、“テレビのやらせ”“CMの政治性”等を具体的な事例に即して検証。賢い視聴者になりたいという市民には必読。

世界思想ゼミナール (メディア・マスコミ)


amazonで買う

直前の画面に戻る