いくさ物語の語りと批評 (世界思想ゼミナール)

山下宏明 著
本体2,816円(税別)
1997年発行
四六判/326頁
ISBN978-4-7907-0639-7
中世の武士社会においては、口頭で「いくさ」を語るのが一般的であった。「もののふ」の物語は何を語ったのか。個々の作品の表現を丹念にたどり、読むことによって、語りや批評にみる多重性等に新たな口承文芸の脈を探りだしうるのではないか。

世界思想ゼミナール (日本語・日本文学)


amazonで買う

直前の画面に戻る