EU世界を読む (世界思想ゼミナール)

EU世界を読む
目次
はじめに―EU世界を読む … 下田尾 誠

第一章 EU統合への経緯 … 長谷川重四郎

第二章 EU統合の将来 … 増田 正

第三章 EU戦略 … 今野昌信
  ― ヨーロッパは民族と国家を超えられるか
第四章 アジアから見たEU … 吉野文雄
  ― ASEMを中心に
第五章 欧州統合と国民国家 … 斉藤正樹

第六章 ドイツから見たヨーロッパ統合 … 荒木詳二
  ― 生活と文化の視点から
第七章 ヨーロッパ市民の誕生 … 佐藤公彦
  ― 言語の視点から
第八章 EU時代の宗教 … 小原克博
  ― 宗教多元社会の成熟に向けて
補 論 EU・社会保障システムへのアプローチ … 小倉襄二
  ― パラダイムへの試論
あとがき … 有沢僚悦

小倉襄二 編/有沢僚悦 編/吉野文雄 編
本体1,900円(税別)
2001年発行
四六判/242頁
ISBN978-4-7907-0850-6
破壊と暴力に走る人間の愚かな戦争行為を否定し、民族と国家を超える創造的な連合共同体をめざすEU(欧州連合)が大胆な歩みを開始した。本書は、EU統合への経緯およびその将来について考察する。

世界思想ゼミナール (法律・政治)


amazonで買う

直前の画面に戻る