近代フェミニズムの誕生 ― メアリ・ウルストンクラフト (世界思想ゼミナール)

近代フェミニズムの誕生
目次
第一部 生 涯
 序 章 ふたつの肖像画
 第一章 反逆者の生い立ち
 第二章 たった一人の革命
 第三章 愛、そして死
第二部 作 品
 第一章 合理的女子教育とコンダクトブック
   ― 『女子教育考』『実生活からの物語集』『女性読本』
 第二章 人権思想と体制批判
   ― 『人間の権利の擁護』
 第三章 フェミニズム誕生の背景
   ― 『女性の権利の擁護』(1)
 第四章 フェミニズムの構図
   ― 『女性の権利の擁護』(2)
 第五章 文明、自然、エコロジー
   ― 『スカンジナビアからの手紙』
 第六章 社会的自己、感性、セクシュアリティ、母性
   ― 『女性の虐待、あるいはマライア』

安達みち代 著
本体2,300円(税別)
2002年発行【品切】
四六判/280頁
ISBN978-4-7907-0948-0
フェミニズム思想史の視野から、社会全体の変革や人間の進歩と幸福をめざしていたメアリの生涯をたどり、作品の丹念な読解によって、日本ではほとんど未研究の彼女の全体像を描き、そこに反映する女性解放等の問題について再考を促す意欲作。

世界思想ゼミナール (外国語・外国文学・芸術・その他)


amazonで買う

直前の画面に戻る