現代メディアスポーツ論 (世界思想ゼミナール)

現代メディアスポーツ論
目次
I メディアスポーツのプロセス
 第1章 スポーツとメディア[寶學淳郎]
 第2章 メディアスポーツ研究の経緯[橋本政晴]
 第3章 メディアスポーツのプロデュース論[高橋義雄]
II メディアスポーツのテクスト
 第4章 メディアスポーツとフェミニズム[飯田貴子]
 第5章 スポーツ、ジェンダー、メディア・イメージ[平川澄子]
 第6章 印刷メディアとスポーツ報道[山本教人]
 第7章 スポーツ・マンガ/アニメの世界[高橋豪仁]
 第8章 スポーツ実況中継の会話分析[岡田光弘]
 第9章 障害者スポーツとメディア[藤田紀昭]
III メディアスポーツの変容
 第10章 メディアスポーツとグローバリゼーション[小林 勉]
 第11章 メディアスポーツヒーローの誕生と変容[橋本純一]
 第12章 すでに「スポーツ」なんてない?[松田恵示]


橋本純一 編
本体2,300円(税別)
2002年発行
四六判/320頁
ISBN978-4-7907-0968-8
膨張、拡散、疾走するメディアスポーツ ― オリンピック、パラリンピック、ワールドカップなど、メディアによって劇的に演出されるスポーツに注目。プロセス論、テクスト論、激変するメディア空間における権力の位相を捉え直す諸論考を収める。

世界思想ゼミナール (メディア・マスコミ)


amazonで買う

直前の画面に戻る