クイズ文化の社会学 (世界思想ゼミナール)

クイズ文化の社会学
目次
序章 「クイズ文化の社会学」の前提[石田佐恵子]
第1章 日本のテレビクイズ番組史[小川博司]
第2章 クイズと審問[中村秀之]
  ― 五〇年代アメリカのクイズ・スキャンダルについて
第3章 クイズ番組の誕生[丹羽美之]
第4章 クイズ番組の精神分析[山本雄二]
第5章 メディア的「現実」の多重生成、その現在形[遠藤知巳]
  ― クイズ形式からの観察
第6章 「お茶の間」という空間[村瀬敬子]
  ― クイズ番組と一家団らん
第7章 いつかハワイにたどり着くまで[石田佐恵子]
  ― 海外旅行の〈夢〉の行方
コラム1 「自壊」するクイズ番組[阿部嘉昭]
コラム2 レディース・コミックとクイズ番組[衿野未矢]
コラム3 テレビ番組の「形式」としてのクイズ[長谷正人]
コラム4 クイズプレーヤーの立場から[長戸勇人]
コラム5 『世界・ふしぎ発見!』の不思議[岩垣 保]
巻末資料
日本のラジオクイズ[丹羽美之]
日本のテレビクイズ[山崎 晶]
引用参考文献・資料一覧
学術文献、雑誌論文・記事、クイズ本・資料、映像資料、インターネット・サイト情報

石田佐恵子 編/小川博司 編
本体2,200円(税別)
2003年発行
四六判/302頁
ISBN978-4-7907-0979-4
「?」から現代社会を読みといてみよう。そんなユニークな構想のもとに編まれた、気鋭の社会学者たちによる論集。テレビ番組を超え、さまざまなメディアに浸透するクイズ形式の文化 ― その歴史的・社会的変容と国際的な移動を明らかにする。

世界思想ゼミナール (メディア・マスコミ)


amazonで買う

直前の画面に戻る