メディアテクストの冒険 (世界思想ゼミナール)

メディアテクストの冒険
目次
Iメディアテクスト・クリティーク
第1章 メディアテクストとオーディエンスの身体
 はじめに
 一 メディア環境とメディアテクスト
 二 メディアテクストとオーディエンスの「読み」
 三 表層としてのオーディエンスの身体
 四 表層のテクストと身体の批判的射程
第2章 ディスクールの権力作用とメディアテクスト
 はじめに
 一 メディアテクストにおけるコミュニケーションの可能性
 二 メディアテクストにおけるディスクールの編制
 三 ディスクールとイデオロギー的「主体」の産出
 四 身体の統制と仮象された「主体」
IIメディアテクスト・ヒストリー
第3章 初期水俣病事件報道におけるディスクール
 はじめに ― 水俣病事件報道をめぐる問題構成
 一 経済成長へと向かうディスクール
 二 「奇病」をめぐるディスクール
 三 原因究明から「原因物質」究明のディスクールへ
 四 「水俣学」としての批判的ディスクール分析
第4章 テレビテクストの社会文化史への試み
 はじめに
 一 テレビによる文化的享受のコンテクスト
 二 一九六〇年代におけるテレビテクストの変容
 三 一九七〇年代のメディア環境におけるテレビテクストとオーディエンス
 四 テレビテクストの社会文化史の可能性と意義
第5章 メディアテクストと地域開発のディスクール
 はじめに
 一 テレビドキュメンタリーと「貧乏物語」
 二 「地域おこし」をめぐるメディアテクストとディスクールの諸相
 三 「地域おこし」のディスクールによる資源動員
 四 「地域おこし」のディスクールの多義的膨張

小林直毅 著
本体2,300円(税別)
2003年発行
四六判/264頁
ISBN978-4-7907-1031-8
テレビを中心に、一貫して拡大をつづけてきたメディア環境 ― そこにあらわれた戦後史上の出来事と、人びとの体験とはいったい何だったのか。テレビ世代に属する著者からの、クリティークとヒストリーが織りなすスリリングな冒険への招待状!

世界思想ゼミナール (メディア・マスコミ)


amazonで買う

直前の画面に戻る