世論の政治心理学 ― 政治領域における意見と行動 (世界思想ゼミナール)

世論の政治心理学
目次
第1章 世論の意味と測定

第2章 民主政治における市民的行動の課題

第3章 世論の主な構成要素

第4章 心理、社会、政治

第5章 意見と行為

第6章 結論

ドナルド・R・キンダー 著/加藤秀治郎 訳/加藤祐子 訳
本体1,900円(税別)
2004年発行【絶版】
四六判/320頁
ISBN978-4-7907-1097-4
民主政治を理解するための重要な概念である「世論」をめぐって、その定義や測定の方法を論じ、アメリカの民主政治に関して政治学と社会心理学の連携による分析を行い、世論が政治的行為へ転換される過程を探る。体系的かつ明快な入門的好著。

世界思想ゼミナール (法律・政治)


amazonで買う

直前の画面に戻る