他者性の時代 ― モダニズムの彼方へ (世界思想ゼミナール)

他者性の時代
目次
I 他者性のアクチュアリティ
 第1章 「生命倫理」入門
 第2章 環境倫理
 第3章 「じぶん探し」について考える
II 他者性のカルチャー
 第4章 他者なる世界に生きて
 第5章 自由主義の原理、他者危害の原則を考える
 第6章 近代都市の虚像と実像
III 他者性のコスモロジー
 第7章 複雑系社会を考える
 第8章 身体と生命世界
 第9章 自己と他者

河上正秀 編
本体1,900円(税別)
2005年発行
四六判/260頁
ISBN978-4-7907-1116-2
〈他者とは誰か〉と根源的な問いをせまるテクニシズム時代の諸相 ― 自己決定/他者と環境/自分探し、人間不透明化/他者危害/匿名化と都市、複雑系社会/身体と生命世界/自己と他者の倫理思想等をテーマに、時代の変容の実際と展望を探る。

世界思想ゼミナール (哲学・思想・宗教・心理)


amazonで買う

直前の画面に戻る