日本の近代化とグリム童話 ― 時代による変化を読み解く (世界思想ゼミナール)

日本の近代化とグリム童話
目次
序 章
第一章 学校教育の中のグリム
第二章 言文一致運動、国語改革、標準語教育とグリム
第三章 家庭の中のグリム
第四章 子ども向け雑誌の中のグリム
第五章 大正から昭和(戦前~戦中)にかけてのグリム
第六章 日本における「赤ずきん」
第七章 日本におけるユダヤ人のイメージの形成

あとがき/参考文献/索引/掲載図版・出所一覧

奈倉洋子 著
本体2,300円(税別)
2005年発行
四六判/296頁
ISBN978-4-7907-1121-6
比較文化の視角から、教育や国語改革などにみる日本の近代化過程においてグリム童話の果たした役割を明らかにし、メルヒェンの具体的イメージを喚起する四十一点の絵図をふまえつつ、時代の変遷に伴う話の変容とその起因を多角的に探る。

世界思想ゼミナール (外国語・外国文学・芸術・その他)


amazonで買う

直前の画面に戻る