古代日本海文明交流圏 ― ユーラシアの文明変動の中で (世界思想ゼミナール)

古代日本海文明交流圏
目次
I 日本海と海人の活躍

II 巨木柱列とケツ【偏は王、つくりは夬】状耳飾り

III 鉄器の普及と玉作り文化

IV 日本海の王国と海上交通

V 沿岸交流と対岸交流

VI 小金銅仏の渡来と高句麗使

VII 渤海使のもたらしたもの

結び 文明論の視点から

小林道憲 著
本体1,900円(税別)
2006年発行
四六判/278頁
ISBN978-4-7907-1202-2
文明があって出会いがあるのではなく、出会いがあって文明は生成してくる ― 本書は「交流」をキーワードに、古代日本文明の形成過程を、日本海とユーラシア大陸の〈文明交流圏〉というネットワークのなかで捉えようとする意欲的試みである。

世界思想ゼミナール (歴史)


amazonで買う

直前の画面に戻る