公害湮滅の構造と環境問題 (世界思想ゼミナール)

公害湮滅の構造と環境問題
目次
まえがき[畑 明郎]
第1章 イタイイタイ病に見る公害湮滅の構造[畑 明郎]
第2章 足尾鉱毒事件に見る公害湮滅の構造[関 耕平]
第3章 日立鉱山に見る公害湮滅の構造[安田圭奈江]
第4章 四日市公害に見る公害湮滅の構造
                ― 石原産業を事例として[畑 明郎]
第5章 大気汚染公害に見る湮滅の構造
    ― 大阪市西淀川大気汚染公害を事例として[入江智恵子]
第6章 東京都六価クロム鉱滓事件に見る公害湮滅の構造
              ― 鉱滓封じ込め処理の帰結[佐藤克春]
第7章 大阪の土壌汚染に見る公害湮滅の構造
    ― 大阪アメニティパーク(OAP)を事例として[安田圭奈江]
第8章 産業廃棄物不法投棄に見る公害湮滅の構造[高島邦子]
第9章 原爆被害に見る湮滅構造
             ― 原爆の特殊性と被爆者行政[山崎文徳]
第10章 石油開発に見る公害湮滅の構造と環境運動
        ― 海洋油ガス田施設廃棄を事例として[中村真悟]
第11章 最近の環境問題のまきかえしを検討する[畑 明郎]
第12章 地球温暖化問題のまきかえし批判[上園昌武]
第13章 ダイオキシン・環境ホルモン問題のまきかえし批判
                            [小野塚春吉]

参考文献
あとがき[上園昌武]
索引
執筆者紹介

畑 明郎 編/上園昌武 編
本体1,900円(税別)
2007年発行
四六判/280頁
ISBN978-4-7907-1259-6
最近の大気・土壌汚染・廃棄物問題等での湮滅構造。九〇年代以降の温暖化やダイオキシン・環境ホルモン問題での湮滅を意図する環境問題巻返しの喧伝。両者に共通する背景に着目し諸事例の分析を通して公害・環境問題の真の解決策を提言する。

世界思想ゼミナール (法律・政治)


amazonで買う

直前の画面に戻る