現代青年の心理学 ― 若者の心の虚像と実像 (世界思想ゼミナール)

現代青年の心理学
目次
はじめに

 序 章 「青年」とは何か?

第I部 関係の耐えられない軽さ
     ― 「希薄な人間関係」の虚像と実像
 第1章 現代青年論が語る人づきあいの特徴
 第2章 データが示す友だち関係
      ― 浮かび上がる三つのパターン

第II部 失われた自己を求めて ― 「自分さがし」の虚像と実像
 第3章 現代青年論が語る自己のあり方
 第4章 データが示す現代青年の自己
      ― 友だち関係のタイプと自己のあり方

第III部 恋と性愛の心理学
 第5章 現代青年の恋愛模様
 第6章 性と愛の歪み:援助交際とストーカー

 終 章 現代青年の虚像と実像 ― 結びにかえて


引用文献
資料 現代青年に特有な友人関係のとり方に関する尺度項目
現代青年の心理学を学ぶための文献ガイド
索引

岡田 努 著
本体1,900円(税別)
2007年発行
四六判/202頁
ISBN978-4-7907-1291-6
今どきの若者は変わったのか? 友人関係、アイデンティティ、フリーター・ニートと自分さがし、恋愛、援助交際、ストーカーなどについて、心理学の知見を駆使し、最新データを示しながら、現代を生きる青年の3つのタイプを浮き彫りにする。

世界思想ゼミナール (哲学・思想・宗教・心理)


日本パーソナリティ心理学会ウェブサイト内、「図書紹介」に、書評が掲載されました。
こちらからご覧いただけます。
「図書紹介」


amazonで買う

直前の画面に戻る