社会の構造と変動 (社会学ベーシックス 2)

社会の構造と変動
目次
「近代社会」という課題
1 三状態の法則
  コント「社会再組織に必要な科学的作業プラン」(大野道邦)
2 社会の形
  テンニース『ゲマインシャフトとゲゼルシャフト』(城 達也)
3 エゴイスムとアノミー
  デュルケム『社会分業論』『自殺論』(中島道男)
4 個性と文化
  ジンメル『貨幣の哲学』(廳 茂)
5 合理化
  ヴェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(水垣源太郎)

システムとしての社会
6 残基と派生
  パレート『一般社会学提要』(伊藤公雄)
7 行為と社会システム
  パーソンズ『社会的行為の構造』『社会体系論』(油井清光)
8 世界システム
  ウォーラーステイン『史的システムとしての資本主義』(山田信行)
9 自己言及するシステム
  ルーマン『社会システム』(馬場靖雄)
10 自己組織性
  吉田民人『情報と自己組織性の理論』(正村俊之)

社会運動と社会変動
11 集合行動
  スメルサー『集合行動の理論』(大畑裕嗣)
12 合理的選択
  オルソン『集合行為論』(轟 亮)
13 組織社会への抵抗
  ハーシュマン『離脱・発言・忠誠』(カール・カッセゴール)
14 矛盾の媒介的解決
  塩原勉『組織と運動の理論』(鵜飼孝造)
15 社会運動の新しい形
  トゥレーヌ『声とまなざし』『ポスト社会主義』(濱西栄司)
16 ポストモダンの社会運動
  メルッチ『現在に生きる遊牧民(ノマド)』(井上芳保)

現代社会とそのゆくえ
17 知識社会
  ベル『脱工業社会の到来』(相澤 哲)
18 ポストモダン
  リオタール『ポストモダンの条件』(前川真行)
19 リスク社会
  ベック『危険社会』(小島 剛)
20 新しい不平等
  オッフェ『後期資本制社会システム』(関 嘉寛)
21 社会的閉鎖
  マーフィ『社会的閉鎖の理論』(辰巳伸知)
22 再帰的近代化
  ギデンズ『近代とはいかなる時代か?』(田邊 浩)
23 グローバリゼーション
  ロバートソン『グローバリゼーション』(木前利秋)
24 液状化する社会
  バウマン『リキッド・モダニティ』(高桜善信)

人名索引/事項索引/執筆者一覧
 

井上 俊 編/伊藤 公雄 編
本体2,000円(税別)
2008年 7月発行
四六判/270頁
ISBN978-4-7907-1349-4
近代から現代へ ― 変貌する社会のゆくえ
コントが「三状態の法則」を提示した論文から、バウマンの『リキッド・モダニティ』まで、24冊のガイドでマクロ社会学を鳥瞰する。〈世界思想社創業60周年記念企画〉第1回配本

社会学ベーシックス


「社会学ベーシックス」シリーズ刊行開始!

小社創業60周年の節目に、社会学の基本文献約280冊をコンパクトに解題した叢書の刊行を開始します。詳しくは、シリーズ案内ページへどうぞ。

話題書と新着情報 (2008/7/16更新)

amazonで買う

直前の画面に戻る