自己・他者・関係 (社会学ベーシックス 1)

自己・他者・関係
目次
行為と演技
1 行為の理解
  ヴェーバー『社会学の基礎概念』(田中紀行)
2 動機のボキャブラリー
  ミルズ「状況化された行為と動機の語彙」(井上 俊)
3 他人指向型
  リースマン『孤独な群衆』(石川 実)
4 自己呈示のドラマ
  ゴッフマン『行為と演技』『儀礼としての相互行為』(草柳千早)
5 シンボル・意味・相互行為
  ブルーマー『シンボリック相互作用論』(片桐雅隆)

自己と他者
6 役割取得と自我形成
  ミード『精神・自我・社会』(加藤一己)
7 アイデンティティ
  エリクソン『自我同一性』(細辻恵子)
8 欲望の模倣
  ジラール『欲望の現象学』(織田年和)
9 想像界・象徴界・現実界
  ラカン『エクリ』(立木康介)
10 真の自己と大文字の他者
  作田啓一「真の自己と二人の大他者」(亀山佳明)

意味と現実
11 予言の自己成就
  マートン「予言の自己成就」(磯部卓三)
12 記憶と社会
  アルヴァクス『集合的記憶』(今井信雄)
13 多元的現実
  シュッツ「ドン・キホーテと現実の問題」(那須 壽)
14 日常世界の意味秩序
  ガーフィンケル『エスノメソドロジー』(山田富秋)

関係の力学
15 秘密・うそ・社交
  ジンメル『社会学』『社会学の根本問題』(永谷 健)
16 贈与
  モース「贈与論」(藤吉圭二)
17 闘争
  コーザー『社会闘争の機能』(新 睦人)
18 レイベリングと逸脱
  ベッカー『アウトサイダーズ』(土井隆義)
19 交換と権力
  ブラウ『交換と権力』(山田真茂留)
20 感情の管理
  ホクシールド『管理される心』(崎山治男)

言語とコミュニケーション
21 言語ゲーム
  ウィトゲンシュタイン『哲学探究』(丸田 健)
22 言語行為
  オースティン『言語と行為』(柏端達也)
23 メタ・コミュニケーション
  ベイトソン『精神の生態学』(長谷正人)
24 コミュニケーション的合理性
  ハーバーマス『コミュニケーション的行為の理論』(吉田 純)

人名索引/事項索引/執筆者一覧

井上 俊 編/伊藤 公雄 編
本体2,000円(税別)
2008年10月発行
四六判/272頁
ISBN978-4-7907-1362-3
つながりの力学 ― ミクロ社会学の射程
ヴェーバーの『社会学の基礎概念』から、ハーバーマスの『コミュニケーション的行為の理論』まで、ミクロ社会学24の視点から社会を読み解く。

社会学ベーシックス


「社会学ベーシックス」シリーズ第2回配本!

社会学の基本文献約280冊をコンパクトに解題した叢書、「社会学ベーシックス」シリーズの2冊目が刊行されました。詳しくは、シリーズ案内ページへどうぞ。

話題書と新着情報 (2008/11/4更新)

amazonで買う

直前の画面に戻る