嫉妬と羨望の社会学 (世界思想ゼミナール)

嫉妬と羨望の社会学
目次
はじめに

序章

第I部 嫉妬・妬み・羨望に関わる基礎理論

第1章 社会化と人間の社会性
第2章 社会的比較と自己の位置づけ
第3章 社会的交換概念の適用
第4章 社会的統合におけるダイナミズム


第II部 嫉妬と羨望の構造

第5章 嫉妬の多義性
第6章 嫉妬・妬み・羨望における過程と局面
第7章 嫉妬・妬み・羨望における願望と信念
第8章 嫉妬・妬み・羨望の構図と構成関係
第9章 ノンフィクショナルな事例にみる嫉妬と妬み
第10章 フィクションの世界にみる嫉妬と妬み
第11章 嫉妬・妬み・羨望と文化
第12章 嫉妬などの生成回避または軽減


参考文献/あとがき/人名・事項索引

石川 実 著
本体2,300円(税別)
2009年 4月発行
四六判/288頁
ISBN978-4-7907-1400-2
“嫉妬”の正体を社会学的に解剖する! 他者への関心から芽生える複雑な情動――。嫉妬・妬み・羨望の情動の生成から表面化までのメカニズムを、社会学的・社会心理学的な視角から体系的にさぐる試みを展開した注目の書。

世界思想ゼミナール (社会)


amazonで買う

直前の画面に戻る