著作権法要説 ― 実務と理論

著作権法要説
目次
はしがき
本書の目的と利用方法
目次
凡例
参考文献

第1章 著作権法を学ぶにあたって 〔松村・三山〕
第1節 著作権制度の意義
第2節 知的財産法としての著作権
第3節 著作権と公共の利益との調整

第2章 著作物 ― 著作権の客体
第1節 著作物概念の意義 〔松村〕
第2節 著作物の例示 〔三山〕
第3節 特殊な著作物 〔松村〕

第3章 著作権・著作者人格権
第1節 著作権の全体像 〔三山〕
第2節 著作物を構成する支分権の概要 〔松村〕
第3節 著作権の制限(自由利用) 〔三山〕
第4節 著作者人格権 〔松村〕
第5節 著作権の保護期間 〔松村〕
第6節 保護期間の経過以外の著作権の消滅 〔松村〕

第4章 権利主体としての著作者・著作権者 〔三山〕
第1節 著作者・著作権者
第2節 職務著作物の著作者
第3節 映画の著作物の著作者・著作権者

第5章 著作物の利用と著作権の変動 〔松村〕
第1節 著作権の譲渡および質入
第2節 著作物の利用
第3節 著作権の信託 ― 管理型信託を中心として
第4節 著作権管理事業・集中管理制度

第6章 出版権 〔松村〕
第1節 出版権の意義
第2節 出版権の設定・内容
第3節 出版権者の義務
第4節 その他の出版に関する契約

第7章 著作隣接権 〔三山〕
第1節 著作隣接権の意義
第2節 著作隣接権の保護理由
第3節 実演家およびその権利
第4節 レコード製作者およびその権利
第5節 放送事業者およびその権利
第6節 有線放送事業者およびその権利
第7節 著作隣接権の権利の種類による整理
第8節 著作隣接権の保護要件・制限・保護期間

第8章 著作権の侵害と法的救済
第1節 著作権の侵害とは 〔三山〕
第2節 民事上の救済 〔松村〕
第3節 刑事処罰 〔松村〕

判例索引
事項索引
巻末図版

Tea Time
マージャー理論(merger doctrine)
「表現」と「アイデア」との区別
著作物の「公表」とは
創作性を考える視点
知的財産権の保護を受けないデータベースなどの冒用と不法行為
オーバーライドの問題
「提供」と「提示」
「実名著作物」「変名著作物」「無名著作物」の相違
「シェーン,カムバックせず」
設定的移転説の背景
「プラーゲ旋風」とは
立場変われば見方も変わる(著作隣接権の侵害と侵害専用装置)
作品の幅と売上げは,実演家次第
通信と放送の融合
許諾を得ない著作物を利用した著作隣接権の成否

松村 信夫 著/三山 峻司 著
本体3,800円(税別)
2009年 4月発行
A5判/432頁
ISBN978-4-7907-1410-1
著作権法の理論と実務の基点(グラウンドレベル)に立ちわかりやすく解説する法律書。立法趣旨や通説的な見解の解説、裁判例分析を通して平易に法理を解明する。入門からビジネスまでカバーすると共に司法試験対策も万全。読みやすい二色刷。

専門書 (法律・政治)


amazonで買う

直前の画面に戻る