文化の社会学 (社会学ベーシックス 3)

文化の社会学
目次
文化のとらえ方
1 機能主義の文化理論
  マリノフスキー『文化の科学的理論』(浜本 満)
2 文化概念の形成
  ウィリアムズ『文化と社会』(吉澤弥生)
3 構造主義
  レヴィ=ストロース『野生の思考』(安野早己)
4 文化と価値
  作田啓一『価値の社会学』(大村英昭)
5 テクストとしての文化
  ギアツ『文化の解釈』(小泉潤二)
6 文化の窮状
  クリフォード『文化の窮状』(佐々木 祐)

知とイデオロギー
7 虚偽意識
  マルクス/エンゲルス『ドイツ・イデオロギー』(崎山政毅)
8 思想の存在拘束性
  マンハイム『イデオロギーとユートピア』(千葉芳夫)
9 日常知と知識社会学
  バーガー/ルックマン『現実の社会的構成』(浜 日出夫)
10 イデオロギー装置
  アルチュセール「イデオロギーと国家のイデオロギー装置」(前川真行)
11 知識と権力
  フーコー「死に対する権利と生に対する権力」(富永茂樹)
12 オリエンタリズム
  サイード『オリエンタリズム』(有田 亘)
13 密猟の文化
  セルトー『日常的実践のポイエティーク』(北垣 徹)
14 伝統の発明
  ホブズボーム/レンジャー編『創られた伝統』(リー・トンプソン)

科学と技術
15 科学社会学
  マートン「科学の社会学」(金子雅彦)
16 パラダイムと通常科学
  クーン『科学革命の構造』(山中浩司)
17 科学的合理性の限界
  ハーバーマス『イデオロギーとしての技術と科学』(城 達也)
18 宗教からの解放
  村上陽一郎『近代科学と聖俗革命』(斎藤 光)

宗教・芸術・遊び
19 聖と俗
  デュルケム『宗教生活の原初形態』(芦田徹郎)
20 アウラの凋落
  ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」(中村秀之)
21 遊ばれる文化
  ホイジンガ『ホモ・ルーデンス』(井上 俊)
22 芸術社会学
  フランカステル『絵画と社会』(藤澤三佳)
23 聖‐俗‐遊
  カイヨワ『遊びと人間』(松田恵示)
24 世俗化と新宗教
  ウィルソン『現代宗教の変容』(沼尻正之)
25 文化資本
  ブルデュー『ディスタンクシオン』他(竹内 洋)
26 文学と社会
  蓮實重彦『小説から遠く離れて』(清水 学)

人名索引/事項索引/執筆者一覧

井上 俊 編/伊藤 公雄 編
本体2,000円(税別)
2009年 7月発行
四六判/292頁
ISBN978-4-7907-1423-1
「意味」の誘惑 ― 文化による拘束と解放
マリノフスキー『文化の科学的理論』から蓮實重彦『小説から遠く離れて』まで、人々がなぜ「意味」を求めてしまうのかについて探究する、文化の社会学26の名著解題。

社会学ベーシックス


日本社会学会に出店します!

2009年10月11日(日)・12日(月・祝)に立教大学でおこなわれる「第82回日本社会学会大会」に出店いたします。〈社会学ベーシックス〉シリーズをはじめ、関連書200点余を展示・販売いたします。ご来場の際は、是非お立ち寄りください。

話題書と新着情報 (2009/10/8更新)

「社会学ベーシックス」シリーズ第5回配本!

社会学の基本文献約280冊をコンパクトに解題した叢書、「社会学ベーシックス」シリーズの5冊目が刊行されました。詳しくは、シリーズ案内ページへどうぞ。

話題書と新着情報 (2009/7/16更新)

amazonで買う

直前の画面に戻る