メディア・情報・消費社会 (社会学ベーシックス 6)

メディア・情報・消費社会
目次
メディアと社会
1 メディアはメッセージ
  マクルーハン『グーテンベルクの銀河系』『メディア論』(浜 日出夫)
2 声から文字へ
  オング『声の文化と文字の文化』(奥野卓司)
3 情報様式
  ポスター『情報様式論』(小倉敏彦)
4 メディア・イベント
  ダヤーン/カッツ『メディア・イベント』(古川岳志)
5 ケータイ文化の登場
  カッツ/オークス『絶え間なき交信の時代』(富田英典)

世論
6 公衆の登場
  タルド『世論と群集』(池田祥英)
7 ステレオタイプ
  リップマン『世論』(佐藤卓己)
8 世論形成の力学
  ノエル=ノイマン『沈黙の螺旋理論』(宮武実知子)
9 アジェンダセッティング(議題設定)
  ウィーバー他『マスコミが世論を決める』(竹下俊郎)

情報の流れと影響
10 パニック研究
  キャントリル『火星からの侵入』(森 康俊)
11 コミュニケーションの2段の流れ
  カッツ/ラザースフェルド『パーソナル・インフルエンス』(鍵本 優)
12 うわさの背景
  モラン『オルレアンのうわさ』(杉山光信)
13 報道の限界
  タックマン『ニュース社会学』(丹羽美之)
14 広告の魔術
  ウィリアムスン『広告の記号論』(谷本奈穂)
15 エンコーディング/デコーディング
  ホール「Encoding/Decoding」(門部昌志)

消費社会
16 誇示的消費
  ヴェブレン『有閑階級の理論』(井上 俊)
17 ゆたかな社会
  ガルブレイス『ゆたかな社会』(常見耕平)
18 疑似イベント
  ブーアスティン『幻影(イメジ)の時代』(加藤晴明)
19 スペクタクルの支配
  ドゥボール『スペクタクルの社会』(亘 明志)
20 記号の消費
  ボードリヤール『消費社会の神話と構造』(宇城輝人)
21 現代の社会変容
  内田隆三『消費社会と権力』(貞包英之)
22 ライフスタイルの変容
  フェザーストン『消費文化とポストモダニズム』(西山哲郎)
23 消費社会を超えて
  見田宗介『現代社会の理論』(秋元健太郎)

人名索引/事項索引/執筆者一覧

井上 俊 編/伊藤 公雄 編
本体2,000円(税別)
2009年10月発行
四六判/260頁
ISBN978-4-7907-1443-9
記号化する世界 ― 主体と欲望の変容
マクルーハン『グーテンベルグの銀河系』から見田宗介『現代社会の理論』まで、近代から現代に至る社会の変貌を鮮やかに描き出す23の名著解題

社会学ベーシックス


「社会学ベーシックス」シリーズ第6回配本!

社会学の基本文献約280冊をコンパクトに解題した叢書、「社会学ベーシックス」シリーズの6冊目が刊行されました。詳しくは、シリーズ案内ページへどうぞ。

話題書と新着情報 (2009/10/15更新)

amazonで買う

直前の画面に戻る