近代家族とジェンダー (社会学ベーシックス 5)

近代家族とジェンダー
目次
近代家族のゆくえ
1 近代社会と〈子ども〉
  アリエス『〈子供〉の誕生』(竹内里欧)
2 産業革命と家族
  オークレー『主婦の誕生』(中尾 香)
3 近代家族の成立
  ショーター『近代家族の形成』(デビッド・ノッター)
4 家族と統治
  ドンズロ『家族に介入する社会』(田崎英明)
5 再生産される「母親」
  チョドロウ『母親業の再生産』(村田泰子)
6 母性という神話
  バダンテール『母性という神話』(田間泰子)
7 隠された労働
  イリイチ『シャドウ・ワーク』(栗原 彬)

フェミニズムの衝撃
8 他者性からの回復
  ボーヴォワール『第二の性』(西川祐子)
9 女らしさの神話
  フリーダン『新しい女性の創造』(野田さやか)
10 家父長制との闘争
  ミレット『性の政治学』(海妻径子)
11 マルクス主義フェミニズム
  ダラ・コスタ「女性のパワーと社会の変革」(伊田久美子)
12 関係性の道徳
  ギリガン『もうひとつの声』(木村涼子)
13 レズビアン連続体
  リッチ『血,パン,詩。』(堀江有里)
14 ホモソーシャリティ
  セジウィック『男同士の絆』(赤枝香奈子)

ジェンダーという視座
15 文化と性別
  ミード『男性と女性』(山本真鳥)
16 ジェンダー
  マネー/タッカー『性の署名』(大山治彦)
17 近代科学とジェンダー
  ケラー『ジェンダーと科学』(川島慶子)
18 男性性というジェンダー
  コンネル『ジェンダーと権力』『マスキュリニティーズ』(多賀 太)
19 歴史とジェンダー
  スコット『ジェンダーと歴史学』(荻野美穂)

ジェンダー・家族の現代的課題
20 性暴力の構図
  ブラウンミラー『レイプ・踏みにじられた意思』(菊地夏野)
21 セクシュアル・ハラスメント
  マッキノン『セクシャル・ハラスメント・オブ・ワーキング・ウィメン』(北仲千里)
22 サイボーグ・フェミニズム
  ハラウェイ「サイボーグ宣言」(伊藤公雄)
23 サバルタンの女
  スピヴァク「サバルタンは語ることができるか」(岡 真理)
24 ナショナリズム
  上野千鶴子『ナショナリズムとジェンダー』(千田有紀)

人名索引/事項索引/執筆者一覧

井上 俊 編/伊藤 公雄 編
本体2,000円(税別)
2010年 1月発行
四六判/270頁
ISBN978-4-7907-1449-1
親密性のゆらぎ ― 多様化する〈生〉と〈性〉
アリエス『〈子供〉の誕生』からボーヴォワール『第二の性』、そして上野千鶴子『ナショナリズムとジェンダー』まで、ジェンダー・家族論の名著24冊。

社会学ベーシックス


「社会学ベーシックス」シリーズ第7回配本!

社会学の基本文献約280冊をコンパクトに解題した叢書、「社会学ベーシックス」シリーズの7冊目が刊行されました。詳しくは、シリーズ案内ページへどうぞ。

話題書と新着情報 (2009/12/28更新)

amazonで買う

直前の画面に戻る