会話分析基本論集 ― 順番交替と修復の組織 (世界思想ゼミナール)

会話分析基本論集
目次
「会話のための順番交替の組織 ― 最も単純な体系的記述」
 (H. サックス,E. A. シェグロフ,G. ジェファソン)
要旨
1.序
2.トランスクリプト
3.最も単純な体系的記述
4.観察された事実をこのシステムはどう説明するか
5.このモデルはどのようなタイプのモデルか
6.モデルのいくつかの帰結
7.様々な発話交換システムのなかでの会話の位置
原注
付録1 トランスクリプトにおける約束ごと
付録2 原語によるトランスクリプト
参考文献

「会話における修復の組織 ― 自己訂正の優先性」
 (E. A. シェグロフ,G. ジェファソン,H. サックス)
要旨
1.自己訂正と他者訂正
2.訂正と修復、そして開始と結果
3.自己もしくは他者による修復開始
4.修復の自己開始と他者開始のあいだの関係
5.自己訂正の優先性
6.他者訂正に関するいくつかの観察
7.言語学と社会学にとって「修復」とはどのような現象か
原注
参考文献

訳者あとがき
訳注における引用文献
著者・訳者紹介
索引

H. サックス 著/E. A. シェグロフ 著/G. ジェファソン 著/西阪 仰 訳/S. サフト 翻訳協力
本体2,300円(税別)
2010年12月発行
四六判/266頁
ISBN978-4-7907-1501-6
会話がいかに精巧に組織されているかを明らかにした、最も基本的な論文の日本語訳。精細な解説的訳注付き。人間の相互行為への深い洞察に満ちた一冊。アメリカ言語学会の『Language』誌に掲載された論文中、最も多く引用された論考を収録。

世界思想ゼミナール (社会)


訳者による本書の紹介サイト

訳者のHPにて、「訳者あとがき」の抜粋、本書を授業や研究会で活用される際の「ディスカッション用リスト」をご覧になれます。
会話分析基本論集 順番交替と修復の組織

話題書と新着情報 (2011/10/24更新)

amazonで買う

直前の画面に戻る