政治・権力・公共性 (社会学ベーシックス 9)

政治・権力・公共性
目次
政治を見る視線
1 「社会」の発見
  モンテスキュー『法の精神』(王寺賢太)
2 デモクラシーの逆説
  トクヴィル『アメリカのデモクラシー』(富永茂樹)
3 友と敵
  シュミット『政治的なものの概念』(上野成利)
4 国民国家の形成
  アンダーソン『想像の共同体』(石原俊)

支配と抵抗
5 支配と正当性
  ヴェーバー『支配の社会学』(君塚大学)
6 ヘゲモニー
  グラムシ『獄中ノート』(伊藤公雄)
7 全体主義
  レーデラー『大衆の国家』(田野大輔)
8 エリートと支配
  ミルズ『パワー・エリート』(伊奈正人・中村好孝)
9 抑圧的寛容
  マルクーゼ『一次元的人間』「抑圧的寛容」(辰巳伸知)
10 脱構築
  デリダ『グラマトロジーについて』(鵜飼哲)
11 権力と主体形成
  フーコー『監獄の誕生』(木村至聖)
12 リゾーム
  ドゥルーズ/ガタリ『千のプラトー』(檜垣立哉)
13 ラディカルな民主主義へ
  ラクラウ/ムフ『ポスト・マルクス主義と政治』(山崎カヲル)
14 〈帝国〉とマルチチュード
  ネグリ/ハート『〈帝国〉』『マルチチュード』(水嶋一憲)

自由と公共性
15 自由という恐怖
  フロム『自由からの逃走』(三木英)
16 公的空間
  アーレント『人間の条件』(志水紀代子)
17 消極的自由と積極的自由
  バーリン『二つの自由概念』(山岡龍一)
18 公共性の転換
  ハーバーマス『公共性の構造転換』(伊藤守)
19 公と私の逆説
  セネット『公共性の喪失』(亀山俊朗)
20 プラグマティズムと政治
  ローティ『連帯と自由の哲学』(渡辺啓真)
21 承認の政治
  テイラー他『マルチカルチュラリズム』(田中智彦)

理想社会を求めて
22 シティズンシップ
  マーシャル「シティズンシップと社会的階級」(時安邦治)
23 公正としての正義
  ロールズ『正義論』(轟亮)
24 リバタリアニズムの論理
  ノージック『アナーキー・国家・ユートピア』(酒井隆史・高橋慎一)
25 複合的平等
  ウォルツァー『正義の領分』『解釈としての社会批判』(田崎英明)
26 公共哲学としての社会科学
  ベラー他『心の習慣』『善い社会』(友枝敏雄)

人名索引/事項索引/執筆者一覧

井上 俊 編/伊藤 公雄 編
本体2,000円(税別)
2011年 3月発行
四六判/290頁
ISBN978-4-7907-1520-7
正義と自由 ― あるべき社会の構想
モンテスキュー『法の精神』からベラー『心の習慣』『善い社会』まで、時代に鋭く切り込む社会構想をさまざまな視角から提示する26の名著解題。

社会学ベーシックス


「社会学ベーシックス」シリーズ第9巻刊行!

社会学の基本文献約280冊をコンパクトに解題した叢書、「社会学ベーシックス」シリーズの第9巻が刊行されました。詳しくは、シリーズ案内ページへどうぞ。

話題書と新着情報 (2011/4/6更新)

amazonで買う

直前の画面に戻る