社会学的思考 (社会学ベーシックス 別巻)

社会学的思考
目次
社会学的視角
1 「土台」と「上部構造」
  マルクス『経済学批判』(山田信行)
2 方法としての「社会」
  デュルケム『社会学的方法の規準』(白鳥義彦)
3 理念型
  ヴェーバー『社会科学と社会政策にかかわる認識の「客観性」』(高橋由典)
4 形式社会学
  ジンメル『社会学』(岩崎信彦)
5 構造-機能主義
  パーソンズ/シルズ編『行為の総合理論をめざして』(進藤雄三)
6 社会学的伝統
  ニスベット『社会学的発想の系譜』(青木康容)
7 構造化理論
  ギデンズ『社会学の新しい方法規準』(宮本孝二)
8 構築主義
  スペクター/キツセ『社会問題の構築』(中河伸俊)
9 常識の転覆
  コリンズ『脱常識の社会学』(田邊 浩)

社会学の社会学
10 日常生活と疎外
  ルフェーヴル『日常生活批判序説』(小川伸彦)
11 現代史の中の社会科学
  ヒューズ『意識と社会』(三上剛史)
12 社会学の自己反省
  グールドナー『社会学の再生を求めて』(原田 達)
13 物語と社会学的想像力
  厚東洋輔『社会認識と想像力』(長谷正人)
14 社会学と歴史学
  バーク『歴史学と社会理論』(田中紀行)

方法をめぐる課題
15 質的データの活用
  トマス/ズナニエツキ『ヨーロッパとアメリカにおけるポーランド農民』(宝月 誠)
16 中範囲の理論
  マートン「中範囲の社会学理論」(髙坂健次)
17 武器としての想像力
  ミルズ『社会学的想像力』(伊奈正人・中村好孝)
18 ゲーム理論
  ラパポート/チャマー『囚人のジレンマ』(太郎丸 博)
19 グラウンデッド・セオリー
  グレイザー/ストラウス『データ対話型理論の発見』(川端 亮)
20 数理-計量シミュレーション
  ブードン『機会の不平等』(吉川 徹)
21 客観主義・主観主義を超えて
  ブルデュー『実践感覚』(宮島 喬)
22 ライフヒストリー
  ハレーブン『家族時間と産業時間』(西田芳正)
23 論文を書く
  ベッカー『論文の技法』(伊藤公雄)
24 フィールドワーク
  エマーソン/フレッツ/ショウ『方法としてのフィールドノート』(佐藤郁哉)

人名索引/事項索引/執筆者一覧

付録
全巻目次/文献名索引/著者名索引/主題索引/執筆者索引

井上 俊 編/伊藤 公雄 編
本体2,000円(税別)
2011年 5月発行
四六判/296頁
ISBN978-4-7907-1525-2
Doing Sociology ― 〈社会〉を可視化する技法
マルクス、ヴェーバーからブルデュー、ベッカーまで、「社会学する」ための基本的な方法を提示する名著24冊を解題。好評シリーズ、ついに完結!

社会学ベーシックス


社会学ベーシックス完結!フェア開催中

社会学の基本文献約280冊をコンパクトに解題した叢書、「社会学ベーシックス」シリーズ(全10巻+別巻1)が、別巻の刊行をもって完結しました。現在、各地の書店でフェアを行っています。是非お立ち寄りください。

くわしい様子は、以下からご覧下さい。
フェア情報

話題書と新着情報 (2011/10/24更新)

amazonで買う

直前の画面に戻る