アジア系アメリカ文学を学ぶ人のために (学ぶ人のために)

アジア系アメリカ文学を学ぶ人のために
目次
プロローグ 
  ― 二一世紀から展望するアジア系アメリカ人の歴史と文学(植木照代)


Ⅰ エスニシティから見るアジア系アメリカ文学
1 日系文学のパイオニアたち
  ― 一世文学の誕生(篠田左多江)
2 日系アメリカ文学(戦後…本土)
  ― 表象としての「マンザナール」をめぐって(桧原美恵)
3 日系アメリカ文学(戦後…ハワイ)
  ― 「ローカル文学」への道のり(臼井雅美)
4 中国系アメリカ文学の歴史的展開
  ― 初期移民文学からディアスポラ文学まで(山本秀行)
5 コリア系アメリカ文学の流れ
  ― 断片化された記憶から紡がれる亡命者たちの語り(小林富久子)
6 フィリピン系アメリカ文学
  ― アメリカ植民の歴史を負って(河原﨑やす子)
7 ヴェトナム系アメリカ文学
  ― ヴェトナム戦争を超えて(吉田美津)
8 南アジア系アメリカ文学
  ― その周縁性と可能性(荘中孝之)

コラム① カナダの独自性を生み出す文学
  ― ケベックのアジア系女性作家たち(山出裕子)

Ⅱ ジャンルの多様性
9 アジア系アメリカ演劇・パフォーマンス
  ― 見えるもの/見えないものを表象する(原 恵理子)
10 アジア系アメリカ人の詩
  ― アジアとアメリカ(長畑明利)
11 アジア系アメリカ児童文学
  ― 境界線上の子どもたち(稲木妙子)
12 大衆文学
  ― 「越境」のみえる場所(山口知子)
13 公文書との出会いと記憶の再生
  ― ストーリーを生み出す歴史文書(野﨑京子)

コラム② アジア系アメリカ文学と音楽(神田 稔)

Ⅲ パースペクティヴの多様性
14 アジア系女性作家の作品におけるジェンダー/フェミニズム
  ― M・K・キングストンを中心に(杉山直子)
15 クイア・ポリティックス
  ― 性の文化戦略(元山千歳)
16 ディアスポラの女性の自己再生
  ― バーラティ・ムカジーの作品にみるインド出身女性たち(有馬弥子)
17 アジア系アメリカ文学および研究にみる他世界との交渉
  ― 「アジア系ポストコロニアル批評」の可能性(中村理香)
18 アジア系アメリカ文学にみる異人種間関係
  ― 「ポストエスニック」時代の異人種間結婚のテーマを中心に(村山瑞穂)
19 ヒストリー/フィクションの境界撹乱
  ― K・T・ヤマシタの『ぶらじる丸』にみるトリックスター性(植木照代)

コラム③ 環境問題とアジア系アメリカ文学
  ― 日系アメリカ人の作品を中心に(深井美智子)

あとがき

主要文献案内
アジア系アメリカ文学年表
索引

植木 照代 監修/山本 秀行 編/村山 瑞穂 編
本体2,800円(税別)
2011年 9月発行
四六判/464頁
ISBN978-4-7907-1539-9
アジア系移民150年の歴史に散りばめられた文学的遺産
新たな潮流・新しい作家・作品・理論を紹介するとともに、国・民族・文化の境界がボーダーレス化・トランスナショナル化・ハイブリッド化してゆく二一世紀の新たな観点から捉え直す。

学ぶ人のために


amazonで買う

直前の画面に戻る