刑法総論

刑法総論
目次
第1編 刑法の基礎理論
 1 刑法の意義と機能
 2 罪刑法定主義
 3 刑法の解釈
 4 刑法理論と刑法学派の対立
 5 刑法の適用範囲

第2編 犯罪論
 1 行為
 2 因果関係
 3 構成要件
 4 違法性
 5 違法性阻却
 6 有責性
 7 責任阻却事由
 8 錯誤
 9 未遂
 10 共犯
 11 罪数

第3編 刑罰論
 1 刑罰の概念
 2 刑罰の適用
 3 刑罰の執行
 4 刑罰の消滅
 5 保安処分

大野 真義 著/森本 益之 著/加藤 久雄 著/本田 稔 著/神馬 幸一 著
本体3,800円(税別)
2011年11月発行【絶版】
A5判/432頁
ISBN978-4-7907-1545-0
犯罪とは何か、刑罰はなぜ科されるのか。多くの学説が林立するなかで、通説的見解を客観的に説き示す。近代刑法の変遷と成立、意義および機能から、刑法総則規定の基礎理論をわかりやすく解説。法学部生・法科大学院生におすすめの基本書。

専門書 (法律・政治)


amazonで買う

直前の画面に戻る