社会保障の哲学 ― 日本の現状を把握し、未来を展望する

社会保障の哲学
目次
第一部 これまでの社会保障はどのようなものであったか
 第1章 社会保障とは何か
 第2章 社会保障制度はどのようにして成立し、いまどうなっているか
 第3章 何が社会保障の機能不全を招いたか
 第4章 国家財政は社会保障とどのように関わるか

第二部 これからの社会保障はどうあるべきか
 第1章 格差・貧困・社会的排除の何が問題か
 第2章 社会保障についてどう考えるべきか
 第3章 これからの社会保障をどう展望するか

参考文献

加茂 直樹 著
本体1,800円(税別)
2012年12月発行
四六判/202頁
ISBN978-4-7907-1576-4
年金、医療、保険、税制、雇用、格差、貧困、等々――国民的関心の高いこれらの現状はどうなっているか。日本の社会保障制度の歴史的展開をたどりつつ、各種資料を駆使してその現状と問題点を鋭く指摘、今後の社会保障のあるべき姿を展望する。

現代哲学叢書


amazonで買う

直前の画面に戻る