グループ・ダイナミックス入門 ― 組織と地域を変える実践学 (世界思想ゼミナール)

グループ・ダイナミックス入門
目次
まえがき

第Ⅰ部 グループ・ダイナミックスの基礎
 第1章 グループ・ダイナミックスとは
 第2章 基本的な考え方
 第3章 研究方法 ― 当事者と研究者の協同的実践

第Ⅱ部 グループ・ダイナミックスの理論と実践
 第4章 協同的実践のための理論
 第5章 活動の「かや」
 第6章 言語の「かや」
 第7章 規範の「かや」
 第8章 群集の「かや」

第Ⅲ部 社会構成主義
 第9章 二つのメタ理論 ― 自然科学と人間科学
 第10章 人間科学の方法
 第11章 集合性から集合流へ ― 「イマココ集合流」試論

似非・自然科学的研究論文の例
索  引

杉万 俊夫 著
本体2,400円(税別)
2013年 4月発行
四六判/320頁
ISBN978-4-7907-1588-7
組織やコミュニティに研究者が飛び込み、当事者とともに現場を改善していくグループ・ダイナミックス(集団力学)。理論と方法論を、実践例を交えて第一人者が高校生でもわかるように解く。さまざまな現場を改革する実践にも役立つ入門書。

世界思想ゼミナール (哲学・思想・宗教・心理)


本書の公式サイトでは、「まえがき」や詳細な「目次」のみならず、未掲載原
稿も読むことができます。「読者との対話」コーナーでは読者からの質問を受
けつけています。ぜひいちどご覧ください。
『グループ・ダイナミックス入門』公式サイト


amazonで買う

直前の画面に戻る