ニューレフト運動と市民社会 ― 「六〇年代」の思想のゆくえ

ニューレフト運動と市民社会
目次
『ニューレフト運動と市民社会』目次

はじめに ― 「生き方の問い直し」の波の中で

序 章
1 高度経済成長と「規律化」
2 「日常性」の自己変革
3 ニューレフト運動の後退
4 調査の方法

第1章 戦後の民主化運動の時代 ― 「日常性」の発見以前
1 一九六〇年までの民主化運動
2 帰郷運動
3 高度経済成長の中の青年

第2章 ニューレフト運動の形成 ― 「日常性」を変える
1 安保闘争の「失敗」を超えて
2 自己変革の象徴としての直接行動
3 直接行動に反発するコミュニティ組織

第3章 ニューレフト運動の後退 ― 「日常性」の自己変革が生んだ苦しみ
1 コミュニティを基礎にしたポリシング
2 国民にサービスする警察
3 生き方の問い直しが生んだ苦しみ

第4章 一九七〇年代のニューレフト運動 ― 「日常性」の自己変革を深める
1 挫折からの再出発
2 地域の「生活民」から学ぶ
3 自己変革の鏡としてのアジア

第5章 「新しい政治」の不在とニューレフト運動
1 日本における「新しい政治」の可能性
2 「新しい政治の政党」になれなかった社会党
3 女性たちの選挙運動
4 住民運動と政党政治

結 論
1 ニューレフトの言説の変遷
2 ニューレフト運動が残したもの
3 「生き方を問い直す」運動の未来


あとがき
参考文献
索引

安藤 丈将 著
本体3,000円(税別)
2013年 8月発行
四六判/324頁
ISBN978-4-7907-1601-3
戦後の民主化運動、60年安保闘争、学生運動、反戦運動… ニューレフト運動を中心に、50~70年代の日本の社会運動を概観し、それが市民社会に与えた正負の影響を考察。60年代の「生き方を問い直す」思想の軌跡の先に、市民の力の源泉を見出す。

一般教養書


amazonで買う

直前の画面に戻る