「3・11」後の技術と人間 ― 技術的理性への問い

「3・11」後の技術と人間
目次
はじめに――近・現代技術への問い――

第1章 技術的理性とは何か
1 目的と適合性
   ――技術的理性は目的に対する手段の発見に関心をもつ
2 自然の支配――制御可能性への過信
3 人間の支配――人間に対する無関心
4 技術信仰・技術万能主義
5 価値中立性の妄信――政治性の過小評価
6 数量的世界と計算可能性
   ――技術的理性は世界を数量的表現で理解する
7 行為の射程・帰結への無関心

第2章 「3・11」原発事故と技術的理性
1 電気エネルギーの獲得と原発採用
   ――技術的理性と原発ペンタゴン
2 自然現象の予測・制御可能性への過信
   ――技術的理性は放射性物質の核分裂過程さえ制御可能と見る
3 津波と被害予想の軽視
   ――「科学的データ」への不当な固執
4 未経験の危機管理――経験を蓄積できない技術としての原子力発電
5 「事故」後に制御困難となる特異な技術としての原子力発電
6 無毒化できない核分裂生成物
   ――一〇万年後に責任がもてるのか
7 技術的理性の生命軽視
   ――リスク分析からはずされる国民の生命3
8 まったく生かされない「タイタニック号」の教訓
9 事故避難時の住民無視
10 原発が生む巨大利権と労働のヒエラルキー
   ――原発下請け労働者の軽んじられる命

第3章 「3・11」後の技術
     ――技術的理性を超えて――
1 技術使用の正義論――人格主義的正義原理
2 いかにして技術的理性は変革しうるのか
3 技術的理性を超えて

文献一覧
あとがき

杉田 聡 著
本体1,900円(税別)
2014年 3月発行
四六判/254頁
ISBN978-4-7907-1611-2
大震災を機に哲学が問うべきは、近代において理性が、技術・テクノロジーに依存する「技術的理性」に変貌したという事実である。原発をはじめとする技術問題を俎上に載せて「技術的理性」の諸特質について論じ、その変革可能性を考察する。

現代哲学叢書


amazonで買う

直前の画面に戻る