基礎社会学〔新訂第3版〕

基礎社会学〔新訂第3版〕
目次
1章 社会学への招待   片桐新自
2章 社会学の発想   山本雄二
3章 社会調査とデータ  間淵領吾
4章 計量社会学の考え方  保田時男
5章 社会学の基本概念   片桐新自
6章 変貌する家族   大和礼子
7章 都市という空間   永井良和
8章 学歴と社会   山本雄二
9章 社会の病理   古川誠
10章 社会と環境   大門信也
11章 高齢社会と福祉   松原一郎
12章 「障害」のありか   加納恵子
13章 差別へのまなざし   石元清英
14章 ジェンダー論の基礎  大和礼子
15章 風俗現象の解読   永井良和
16章 国境を越える人々   酒井千絵
17章 多文化共生の時代   熊野建

永井 良和 編/間淵 領吾 編/大和 礼子 編
本体1,800円(税別)
2014年 3月発行
A5判/248頁
ISBN978-4-7907-1619-8
自分が生きている世界や、人と人との関係について考えてみたくなったら、「社会学」というツールを試してみよう。基本概念から最新の分析手法まで、オーソドックスな構成とわかりやすい文章で紹介する、長年読まれてきたテキストの改訂版。

一般教養書


amazonで買う

直前の画面に戻る