武蔵野文化を学ぶ人のために (学ぶ人のために)

武蔵野文化を学ぶ人のために
目次
口絵 ………………………………………清水絢子
巻頭言—武蔵野の住人として …………黒井千次
はじめに …………………………………土屋忍

古代
東歌のなかの武蔵野 ……………………並木宏衛

中古
王朝の武蔵野 ……………………………川村裕子

中世・近世
渋谷区金王八幡宮の金王桜
 —中世・近世文芸が武蔵国に伝えた源氏再興伝承…岩城賢太郎

コラム 武蔵野合戦 ……………………漆原徹

「武野」と「武陵」と
 —近世漢詩文に見える武蔵野 ………今浜通隆

コラム 能「隅田川」のこと …………羽田昶

武蔵野の碑と書・西東京市田無
 —養老畑碑・養老田碑考 ……………廣瀨裕之

近現代
二つの『武蔵野』—美妙と独歩 ………藤井淑禎

花袋の武蔵野 ……………………………五井信

コラム 柳田國男と〈武蔵野〉 ………山路敦史

コラム 吟行の武蔵野—高浜虚子 ……土屋忍

坂口安吾の〈武蔵野〉
 —「木枯の酒倉から」を読む ………山路敦史

太宰治の武蔵野
 —「東京八景」における風景表象 …土屋忍

武蔵野で遊ぶ子どもたち
 —児童文学と武蔵野 …………………宮川健郎

武蔵野と私 ………………………………三田誠広

コラム 『たまらん坂』—ふるさと武蔵野の文学…土屋忍

コラム 「地名」としての「武蔵野」から学ぶもの…佐藤公

コラム 武蔵野・むさし野・Musashino
 —若山牧水と土岐善麿 ………………土屋忍

武蔵野(近現代篇)文学年譜(大部真梨恵)
主要参考文献紹介(加賀見悠太)
索引

土屋 忍 編
本体2,500円(税別)
2014年 7月発行
四六判/374頁
ISBN978-4-7907-1634-1
かつて武蔵野は海沿いを果てに、関八州までを指したが、さらに範囲を彼方へと拡げることもあった。古代からの武蔵野の記憶を探り、今の武蔵野を見つめるとき、紋切り型の武蔵野イメージから解き放たれ、懐かしくも未知だった武蔵野と出会う。

学ぶ人のために


amazonで買う

直前の画面に戻る