日本文学の論じ方 ― 体系的研究法

日本文学の論じ方
目次
序 日本文芸文化研究の意義と面白さ

第1章 論文の書き方
  1.論文のかたち
  2.論文を書く力
  3.エッセイ、リポートとのちがい

第2章 今日の「文学」研究
  1.研究の対象範囲
  2.新しい方法の模索
  3.理論とその適用
  4.文化研究の動き
  5.欧米近現代批評の変遷

第3章 日本文学研究の根本問題
  1.基本概念と分析図式を点検する
  2.考察の図式を変える
  3.言文一致論を点検する
  4.欧米における「文学」概念の変遷

第4章 文学研究の方法―基礎論
  1.作者―作品―読者
  2.自作解説に惑わされない方法
  3.同時代を探る

第5章 作品論から文学史の書き換えへ
  1.作品形成論
  2.形成過程論から文学史の再編へ
  3.作家の評価史を検討する
  4.表現概念の変遷をつかむ

あとがき

付録 あなたの論文を飛躍的に変える12箇条

付表1・2 研究法概念図
付表3   博士論文審査報告書の一例

人名索引

鈴木 貞美 著
本体2,200円(税別)
2014年 9月発行
四六判/240頁
ISBN978-4-7907-1637-2
北京・清華大学での連続講義をもとにした、国際的に活躍する第一人者が明かす日本近現代文学研究の奥義。作品と概念、思潮、作者…と、ひとつひとつの考察を着実に進め、体系的に理解する方法を伝授する、未来の研究者への「知」のバトン。

専門書 (文学・歴史・芸術・その他)


amazonで買う

直前の画面に戻る