オランダ流ワーク・ライフ・バランス ― 「人生のラッシュアワー」を生き抜く人々の技法

オランダ流ワーク・ライフ・バランス
目次
1 働くことと生きること――なぜ,オランダか
2 ワーク・ライフ・バランスを考える
3 オランダ人の働き方はどう変わったか
4 ワークヒストリーをたどる
5 仕事と子育てを「組み合わせる」
6 母が働くとき,夫が子育てするとき
7 なぜ,パートタイムなのか
8 オランダ社会の変化のゆくえ
9 生きることと働くこと――「組み合わせ」の技法

中谷 文美 著
本体2,800円(税別)
2015年 1月発行
四六判/254頁
ISBN978-4-7907-1646-4
人生は、仕事だけじゃない――結婚・出産・子どもの就学など、人生の節目で仕事のかたちをどう変えるか、時間をどう振り分けるか。長年のインタビュー調査から、「パートタイム大国」オランダに生きる人々のライフスタイルを浮き彫りにする。

一般教養書


日本経済新聞とAERAで紹介されました

「パートタイム大国」の歴史と実際を、多くの人へのインタビューを通じ生き生きと描いている。」(2015年3月8日付「日本経済新聞」)

「紹介されるエピソードの数々には身につまされる」「仕事や子育てに奮闘する人々の姿に勇気づけられる」(「AERA」2015年3月23日号)

話題書と新着情報 (2015/3/13更新)

amazonで買う

直前の画面に戻る