農地管理と村落社会 ― 社会ネットワーク分析からのアプローチ

農地管理と村落社会
目次
はしがき

第1部 研究の課題と方法

第Ⅰ章 序論
1.日本における農地をめぐる情勢
2.農地をめぐる研究動向
3.本書の目的
4.研究方法

第2部 大規模化に向けた農地移動と社会関係

第Ⅱ章 北海道十勝平野における農地移動プロセスと農業経営の大規模化
1.本章の課題
2.音更町大牧・光和における農業経営と社会関係
3.大牧・光和における農地移動の変遷
4.農地移動プロセスの諸類型
5.農地移動の形態と農業経営の関係

第Ⅲ章 北海道十勝平野における大規模畑作経営とネットワーク
1.本章の課題
2.十勝平野および音更町における農業生産の動向
3.音更町大牧・光和における大規模畑作経営
4.共同作業における農家間関係の形成
5.農家間ネットワークの果たす役割

第Ⅳ章 大都市近郊における農地移動と水稲単作経営
1.本章の課題
2.成田市東西・和田集落における農業経営と社会集団
3.社会関係による借地経営農家の諸類型
4.農地集積の形態と借地経営

第2部 小括

第3部 農地利用の集団的管理と村落社会

第Ⅴ章 淡路島三原平野における農地管理と小規模経営
1.本章の課題
2.農業経営と社会関係
3.農地移動プロセスの諸類型
4.社会関係からみた農地移動プロセス

第Ⅵ章 淡路島三原平野における集約的農業とネットワーク
1.本章の課題
2.農業生産をめぐるネットワークの広がり
3.ネットワークと農業経営の関係

第Ⅶ章 熊本県天草市宮地岳町における集団的農地管理と村落社会
1.本章の課題
2.宮地岳町における農業の展開
3.宮地岳町における農地利用の主体
4.農地利用の維持基盤

第3部 小括

第4部 結論

第Ⅷ章 結論――成果と課題と展望と
1.農地利用をめぐる研究成果と課題
2.農業生産活動に関する諸現象をめぐる研究成果と課題
3.今後の展望

参考文献
図表一覧
あとがき

𠮷田 国光 著
本体4,800円(税別)
2015年 3月発行
A5判/212頁
ISBN978-4-7907-1652-5
農家は減少の一途をたどり、離農を理由とした農地利用の中止による耕作放棄地化のリスクはますます高まっている。農地利用の維持を通じて農地がどのように管理されているのか、農地管理のしくみを村落社会の動態との関連性から読み解く。

専門書 (文学・歴史・芸術・その他)


amazonで買う

直前の画面に戻る