農山村の荒廃と空間管理 ― 計画学の立場から地域再生を考える

農山村の荒廃と空間管理
目次
1章 中山間地域の荒廃
1節 荒廃する農村と空間管理
2節 荒廃する土地の空間的特徴と農家の特徴
3節 過疎化と転出世帯による空き家・農地の管理

2章 都市近郊地域の荒廃
1節 都市近郊地域の管理放棄と都市的土地利用
2節 都市近郊地域の就業構造

3章 農山村地域の余暇活動,つきあいの変化

4章 地域空間管理の再生へ向けて
1節 前章までの総合考察と提言
2節 グリーンツーリズムによる空間管理

補章 地域づくりと地域再生を目指して―地域づくりの現場から学ぶ―

あとがき

初出論文

図表一覧

齋藤 雪彦 著
本体3,900円(税別)
2015年 2月発行
A5判/232頁
ISBN978-4-7907-1653-2
農業の衰退や高齢化、耕作放棄地の増加という現代の状況に対し、本書では、従来の空間を「利用」する観点ではなく、空間を実際に成立させる「メンテナンス」(=作業)の側面からとらえ、荒廃の実態と再生への道筋を住民の生活から展望する。

専門書 (社会)


amazonで買う

直前の画面に戻る