人びとはなぜ満州へ渡ったのか ― 長野県の社会運動と移民

人びとはなぜ満州へ渡ったのか
目次
はじめに

第1章 満州農業移民の展開と長野県
1 満州農業移民の時期的展開
2 一般開拓団の送出と経済更生運動
3 長野県教育界における信濃教育会
4 小括

第2章 一般開拓団の送出における経済要因の再検討
1 送出分布と経済指標
2 事例村における送出理由
3 個別の渡満理由
4 小括

第3章 青少年義勇軍の送出と信濃教育会
1 青少年義勇軍送出の要因
2 信濃教育会の「海外発展」思想
3 二・四事件と信濃教育会
4 小括

第4章 社会運動の軌跡と移民の送出
1 昭和恐慌下の農民運動と教員運動
2 二・四事件の発生と展開
3 社会運動と移民事業の相関
4 小括 

おわりに

あとがき
参考文献・資料一覧
索引

小林 信介 著
本体2,500円(税別)
2015年 3月発行
四六判/216頁
ISBN978-4-7907-1657-0
貧しさだけが移民の要因ではない。一般開拓団、青少年義勇軍ともに全国一多く送出した長野県は、社会運動の激しさでも際立っていた。経済要因では説明できない移民へいたる人びとの営みを、社会運動弾圧の影響や地縁などの視点から問い直す。

一般教養書


小林信介さんがNHKラジオ「マイあさラジオ」に登場!

2015年7月19日(日)、小林信介さんが「マイあさラジオ」に出演、「著者に聞きたい本のツボ」のコーナーで『人びとはなぜ満州へ渡ったのか』についてインタビューを受けました。満州農業移民が、国の侵略政策に大きく左右されながら展開したことなどについて話されました。
著者に聞きたい本のツボ
音声を聞く

話題書と新着情報 (2015/7/21更新)

朝日新聞で書評されました

「農業移民が国境を越えたのは「貧しさ」のせいではなく、「自発的」な選択でもなかった。それを実証的に示した意義は専門的な研究領域に留(とど)まらない。」(武田徹氏評『朝日新聞』2015年5月31日(日))
朝日新聞DIGITAL

話題書と新着情報 (2015/6/1更新)

amazonで買う

直前の画面に戻る