死にゆく過程を生きる ― 終末期がん患者の経験の社会学

死にゆく過程を生きる
目次
序 章 現代社会においてなぜ死が問題になるのか
第1章 「良い死」の実現――ホスピス・緩和ケアの可能性と困難
第2章 未決の問いとしてのがん告知
第3章 治療を「あきらめる」経験の語り――死にゆく過程における自己の多元性
第4章 受け継がれていく生――死にゆく者と看取る者との関係の継続
第5章 死者との邂逅――終末期体験としての「お迎え」
終 章 死にゆく過程をどう生きるか
補論1 地域社会におけるホスピス運動の形成と展開
補論2 ホスピスボランティアの意義と可能性
注/あとがき/文献/索引

田代 志門 著
本体2,500円(税別)
2016年 3月発行
四六判/272頁
ISBN978-4-7907-1678-5
告知、療養環境の選択、何かを遺すこと、お迎え体験――在宅緩和ケアを受け、自宅で最期を迎えたがん患者たちの語りから、「自らの死を予見しつつ今このときを生きる」という、「日常の生」と地続きにある「死にゆく過程の生」を描き出す。

一般教養書


amazonで買う

直前の画面に戻る