グッドワークとフロー体験 ― 最高の仕事で社会に貢献する方法

グッドワークとフロー体験
目次
序 文――本書が上梓されるまで
謝 辞

第Ⅰ部 予備知識
 第1章 困難な時代のグッドワーク
 第2章 グッドワークの条件
 第3章 体と心の形成についての初期の考察

第Ⅱ部 遺伝学
 第4章 脚光を浴びる遺伝学
 第5章 よく整合したドメインの黄金時代
 第6章 遺伝学に迫る暗雲

第Ⅲ部 ジャーナリズム
 第7章 ニュースメディアが手に入れた権力と品位の低下
 第8章 ジャーナリズムの強みの源泉
 第9章 今日のジャーナリズムにおけるグッドワーク

第Ⅳ部 これからのグッドワーク
 第10章 ジャーナリズムと遺伝学におけるグッドワークの回復
 第11章 多様な世界でのグッドワーク

あとがき
訳者あとがき
原 注

付録A グッドワークプロジェクトについて
付録B グッドワーク研究の方法論
付録C ジャーナリズムのインタビュー質問基本項目
付録D 遺伝学のインタビュー質問基本項目

索 引

H.ガードナー 著/M.チクセントミハイ 著/W.デイモン 著/大森 弘 監訳/安室 憲一 訳/梅野 巨利 訳/山口 隆英 訳/西井 進剛 訳
本体2,800円(税別)
2016年 2月発行
A5判/328頁
ISBN978-4-7907-1679-2
市場の圧力や技術革新によって急激に変化する職場環境、先行きが見えない将来、どう働けばいいのか?質の高い仕事と社会的責任を両立させる〈グッドワーク〉こそ解決作!ジャーナリズムと遺伝学の現場から得たサバイバル術を指南。

一般教養書


東京国際ブックフェアに出展します!

一年に一度の本の祭典・東京国際ブックフェアに、世界思想社教学社として初出展します。会期は9/23(金)~25(日)。編集者が選んだお得な書籍セット「エディターズ・チョイス」もご用意。上記書その他も会場特別価格で販売いたします。ぜひ会場に足をお運び下さい!
東京国際ブックフェア

話題書と新着情報 (2016/9/16更新)

『朝日新聞』で紹介されました!

『朝日新聞』読書面「情報フォルダー」で、「現代人の働き方を探る」という見出しで取り上げられました(2016年3月20日)。「事例からの具体的な研究が示唆に富む」とコメントされています。
情報フォルダー「現代人の働き方を探る」

話題書と新着情報 (2016/3/22更新)

amazonで買う

直前の画面に戻る