随想 ― 昭和を生きたひとりの女性法学研究者

随想
目次
小学校
女学校
女子大
京大
司法試験
研究者への道
ドイツ留学
研究者への道(続)
結婚・出産・育児(妻・母)
成蹊大学

木村 靜子 著
本体2,800円(税別)
2016年 4月発行
A5判/112頁
ISBN978-4-7907-1684-6
女は空気や水にとどまらず草や木になることもできる――昭和2年、京都の商家に生まれ、京都大学初の女性助教授となった著者が、好奇心に導かれるままに、臆さず迷わず歩んだ半生を振り返る。強い意志と信念にしたがって生きる女性の姿とは。

一般教養書


amazonで買う

直前の画面に戻る