女性ホームレスとして生きる ― 貧困と排除の社会学

女性ホームレスとして生きる
目次
はじめに

第1章 女性ホームレスのエスノグラフィに向けて
  1 ホームレス論の現在
  2 ホームレス論における女性の存在
  3 抵抗の主体と女性の排除
  4 フェミニズム研究における女性ホームレスの位置
  5 ポスト構造主義のジェンダーと主体
  6 調査の方法
  7 本書の構成

第2章 女性ホームレスとは
  1 隠れた女性のホームレス
  2 なぜ女性の野宿者は少ないのか
  3 貧困女性の生活実態
  4 ホームレスへといたる排除の過程
  5 女性ホームレスという問題

第3章 女性ホームレスを対象とした福祉体制の成立
  1 ホームレス型貧困政策と女性
  2 戦前の政策
  3 戦後の政策
  4 貧困政策における二つの女性像

第4章 福祉施設の利用とジェンダー規範
  1 福祉制度の内包する女性観
  2 女性ホームレスへの福祉的対応
  3 A宿泊所の概要
  4 利用者の生活史と入所の経緯
  5 処遇の方針と支援の方向性
  6 ひとつの社会的期待としてのジェンダー

第5章 女性野宿者たちの生活世界
  1 女性野宿者の生活史
  2 野宿生活の困難
  3 女性野宿者たちの生活戦術

第6章 野宿をすることと野宿を脱すること
  1 野宿者の抵抗と主体性
  2 野宿生活の意味
  3 創発する共同性
  4 彼女たちの「選択」
  5 断片的であること

第7章 変化のプロセス
  1 支援のはたらきかけと時間の流れ
  2 「女のおしゃべり会」
  3 女性野宿者の生活史と野宿生活の状況
  4 居宅生活へ
  5 「意志」なるもののありか
  6 主体となるプロセス

第8章 主体化の魔力に抗して
  1 主体への着目と女性の排除
  2 主体化の問題
  3 ケアの倫理
  4 自立と依存
  5 自立能力の涵養
  6 未来を構想すること

おわりに

丸山 里美 著
本体2,800円(税別)
2013年 3月発行
四六判/304頁
ISBN978-4-7907-1593-1
女性ホームレスの知られざる生活世界に分け入り、女性が社会的に排除される過程を浮き彫りにする。路上にとどまる人びとの声に耳を傾け、自立を迫る制度の前提にある主体とは何か、意志とは何かを問い直す。第33回山川菊栄賞受賞。

専門書 (社会)


橋本峰雄賞受賞!

第24回橋本峰雄賞を受賞しました。
現代風俗研究会
橋本峰雄賞について

 (2014/12/9更新)

日本都市社会学会若手奨励賞受賞!

「第5回 日本都市社会学会若手奨励賞」を受賞しました。

 (2014/9/18更新)

第33回 山川菊栄賞受賞!

「女性ホームレスの実態は、学生時代から14年もの間ボランティアとして、研究者としてホームレスないしその周辺の人々と共に過ごした丸山さんにしかつかみ取れなかったと思う」(有賀夏紀「推薦の言葉」より)
詳しくは以下のサイトをご覧ください。
山川菊栄記念会ホームページ

 (2013/12/25更新)

朝日新聞、西日本新聞、京都新聞、神戸新聞、北海道新聞、秋田さきがけ、宮崎日日新聞、日本海新聞、河北新報、下野新聞、山陰中央新報で紹介されました

「著者は10年以上にわたり女性ホームレスを調査、周囲との関係の中で、野宿を続けるか否か迷う彼女たちの声を丁寧に拾ってきた」(『朝日新聞』2013年6月9日(日)より)
BOOKasahi.com
朝日新聞DIGITAL
「著者が参加する支援活動も例に、彼女らとどのように向き合っていくべきなのか、問いかける。」(『京都新聞』2013年6月16日(日)より)
「本書からはホームレス状態でさえ、いや、そうであればこそ生きるために人間関係がいかに重要であるかを教えてくれる。」(『北海道新聞』2013年6月16日(日)より)

話題書と新着情報 (2013/6/10更新)

amazonで買う

直前の画面に戻る