恋する文化人類学者 ― 結婚を通して異文化を理解する

恋する文化人類学者
目次
第1章 私と彼女と文化人類学
第2章 私は誰?――個人と民族
第3章 声の文化、音の文化
第4章 時代は変わる――国家の内と外
第5章 結婚の申し込み――女性の交換?
第6章 結婚式――ヴァージョンアップの儀式
第7章 あたらしい家族――親族関係の機微
第8章 文化人類学とともに

鈴木 裕之 著
本体2,200円(税別)
2015年 1月発行
四六判/280頁
ISBN978-4-7907-1645-7
これは恋の物語であり、異文化交流の物語である。アフリカで、著者は彼の地の女性アイドル歌手と恋に落ちた。結婚式は、8日間にわたる壮麗なものだった。激しい異文化の渦に巻き込まれた著者が、自らを素材に語る体験的入門書。

一般教養書


誠光社さんで小社刊行物の取扱いが始まりました

京都のまちの個性的な書店・誠光社さんでも、小社刊行物をお取り扱いいただいております。店主・堀部篤史さんセレクトの書籍が所狭しと並び、本の楽しさ・多様性を感じることができます。京都にお住まいの方、また遠方より京都にいらっしゃった方も、ぜひ一度お店に足をお運びください。
誠光社

話題書と新着情報 (2016/10/17更新)

鈴木裕之さんが文化放送「くにまるジャパン」に登場!

2015年6月29日(月)、鈴木裕之さんが「くにまるジャパン」に出演、「新発見・再発見!くにまる「文化人類学」塾」を開講されました。塾のテキストはもちろん、『恋する文化人類学者』です。
文化放送「くにまるジャパン」
くにまる「文化人類学」塾

話題書と新着情報 (2015/6/30更新)

鈴木裕之さんがTBSラジオ「荻上チキSession22」に登場!

2015年05月25日(月)、鈴木裕之さんが「荻上チキSession22」に出演、『恋する文化人類学者』をめぐって荻上さん、南部さんとトークを繰り広げ、また「アフリカン・ポップス」の魅力について話されました。
荻上チキSession22
ポッドキャスティングで聴く

話題書と新着情報 (2015/5/27更新)

朝日新聞、週刊新潮、MUSIC MAGAZINEで紹介されました

「これはもう、めちゃくちゃ面白い。」
(佐倉統氏評 2015年4月12日付「朝日新聞」)
掲載書評

「文化人類学とはなんて魅力的な学問だろう。」
(東えりか氏評『週刊新潮』2015年4月9日号)

「読後、何よりも著者の妻への深い愛が心に残った。」
(各務美紀氏評『MUSIC MAGAZINE』2015年4月号)

話題書と新着情報 (2015/4/7更新)

荻上チキ氏のラジオ、日経新聞、毎日新聞(Web版)で紹介されました

「面白い本があったんで、紹介したいんですけど……」
荻上チキ Session-22(TBS RADIO)2015年2月3日(火)「チキチキ道場」
Session-22のホーム
書籍紹介のページ
音声ファイル

「エッセー風の記述を読み進むうちに、文化人類学の概念や方法論に関する基礎知識も身につく楽しい入門書だ」
(2015年2月1日付「日本経済新聞」)

「現地の女性と結ばれる体験を素材に、異文化交流をつづったユニークな学術書だ」
(2015年1月14日付「毎日新聞」Web版)
毎日新聞(Web版)

話題書と新着情報 (2015/2/5更新)

amazonで買う

直前の画面に戻る