地域戦略と自治体行財政

地域戦略と自治体行財政
目次
序章 本書の目的と構成
第1章 分権化のもとでの政府間財政関係
第2章 歳入構造と三位一体改革
第3章 地方税の構成と改革動向
第4章 交付税の役割と再編
第5章 分権下での国庫支出金の役割
第6章 歳出の区分と歳出構造の全体像
第7章 社会保障分野の財政構造と課題
第8章 社会資本整備をめぐる財政問題
第9章 自治体レベルでの地域振興と雇用創出
第10章 地方債と財政の健全性
第11章 自治体行財政改革の動向
第12章 市町村合併と自治体行財政の行方
第13章 災害と自治体財政
補論 財政分析の方法

参考文献/索引

武田 公子 著
本体3,800円(税別)
2011年12月発行
A5判/296頁
ISBN978-4-7907-1548-1
地方分権一括法後の制度改革の動向と自治体財政の問題を叙述、今後の分権的財政システムのあり方と制度設計に向けた論点を提示する。自治体の大規模災害時に果たす役割を財政構造から論ずる章等、斬新な構成による地方財政論テキスト

専門書 (経済)


amazonで買う

直前の画面に戻る