更新情報

『産経新聞』で書評されました!

広辞苑はなぜ生まれたか

広辞苑はなぜ生まれたか
新村出の生きた軌跡

新村 恭 著
本体2,300円(税別)/四六判/240頁

「「広辞苑」としてベストセラーになる…経緯は、谷崎潤一郎、佐佐木信綱、湯川秀樹、高峰秀子ら綺羅星の如き有名人との交流も含めて、一気呵成に読ませる」(柳澤健氏評『産経新聞』2017年9月10日(日))。
産経ニュース

話題書と新着情報 (2017/9/12更新)

『毎日新聞』で紹介されました!

広辞苑はなぜ生まれたか

広辞苑はなぜ生まれたか
新村出の生きた軌跡

新村 恭 著
本体2,300円(税別)/四六判/240頁

新村恭氏が取材を受け、執筆の動機や本の内容が紹介されました。「あまりに幅が広すぎて、これまで伝記を書く人がいなかったのかもしれません」と語っています(『毎日新聞』2017年9月4日(月)夕刊より)。
毎日新聞

話題書と新着情報 (2017/9/5更新)

『朝日新聞』で紹介されました!

広辞苑はなぜ生まれたか

広辞苑はなぜ生まれたか
新村出の生きた軌跡

新村 恭 著
本体2,300円(税別)/四六判/240頁

「ひと」欄で、新村恭氏と本が紹介されました。「ひそかに交わした恋文が残る。そんな秘密資料も使い、没後50年にあたる17日、評伝…を出した」(『朝日新聞』2017年8月17日(木)朝刊より)。
朝日新聞DIGITAL

話題書と新着情報 (2017/8/17更新)

やさしさ

やさしさ

神戸女学院大学文学部総合文化学科 監修/景山 佳代子 編
本体1,500円(税別)/四六判/128頁

その〈やさしさ〉、疑ってみませんか?――ボランティアは「偽善」なのか? 傷つけないことが〈やさしさ〉なのか?
『旧約聖書』『パイドン』『緋文字』『たけくらべ』『母よ!殺すな』などの古典を手がかりに、〈やさしさ〉の深遠に迫る。

新刊情報 (2017/8/10更新)

広辞苑はなぜ生まれたか

広辞苑はなぜ生まれたか
新村出の生きた軌跡

新村 恭 著
本体2,300円(税別)/四六判/240頁

【三浦しをん氏推薦!】
「偉大にしてチャーミング! 『広辞苑』編者・新村出先生の多岐にわたる業績だけでなく、恋愛や生活をも知ることができ、胸キュンしました。なんと魅力的なお人柄!」

没後50年、初の伝記。厖大な資料から祖父の素顔に迫る。

新刊情報 (2017/8/4更新)

『週刊文春』で鹿島茂氏が書評!

現代フランスを生きるジプシー

現代フランスを生きるジプシー
旅に住まうマヌーシュと共同性の人類学

左地 亮子 著
本体5,200円(税別)/A5判/304頁

「マヌーシュ社会には定住民の『個』と『共同体』の窮屈な関係を乗り越えるための先祖の智恵が隠されているのかもしれない。人類学研究の大きな収穫の一つ」(鹿島茂氏「私の読書日記」『週刊文春』2017年6月29日号)

話題書と新着情報 (2017/7/6更新)

文学社会学とはなにか

文学社会学とはなにか

ジゼル・サピロ 著/鈴木 智之 訳/松下 優一 訳
本体3,800円(税別)/四六判/224頁

【小野正嗣氏推薦!】「文学の読み方が〈かわる〉。文学の大切さが〈わかる〉。文学と社会の忘れられがちな豊かな関係を〈わかりやすく〉解きほぐす社会学からのアプローチ」。文学を生産・作品・受容の場から分析し、社会的事実として探究する。

新刊情報 (2017/6/30更新)

集団と組織の社会学

集団と組織の社会学
集合的アイデンティティのダイナミクス

山田 真茂留 著
本体2,500円(税別)/四六判/222頁

人は、関係や集団、組織に頼らなければ生きていけない。自らの所属先と、どうつき合うべきなのか。恋愛関係からグローバリゼーションまで、古典理論から最新モデルまでを平明に解説し、集団現象と組織現象が作り出すきらめきと魔力に迫る。

新刊情報 (2017/6/7更新)

withnewsで取り上げられました

プラグマティズムを学ぶ人のために

プラグマティズムを学ぶ人のために

加賀 裕郎 編/高頭 直樹 編/新 茂之 編
本体2,400円(税別)/四六判/280頁

朝日新聞社のニュースサイトwithnewsに、弊社の「学ぶ人のために」シリーズ創刊50周年の記事が掲載されました。
withnews

話題書と新着情報 (2017/5/17更新)

ハンセン病療養所を生きる

ハンセン病療養所を生きる
隔離壁を砦に

有薗 真代 著
本体2,800円(税別)/四六判/224頁

「俺たちは被害者だけど、敗北者ではない」――ハンセン病を得た人々が、集団になることではじめてできた活動とは何か。動けない「不自由」な者の「自由」とはどのようなものか。障害を越え、隔離壁を越え、人間の魂を耕し続けた人々の記録。

新刊情報 (2017/5/2更新)

直前のページに戻る

feed-icon新刊情報や更新情報はRSS2.0でも配信しています。RSSリーダーやRSS対応ブラウザにご登録ください。